毒親育ち | 札幌でカウンセリングなら銀のすずプレミアム

札幌カウンセリング銀のすずプレミアム

ブログ

背景

お気軽にお電話ください
TEL. 011-219-2198

TEL

対面カウンセリングの
ご予約

Counseling

オンラインカウンセリングの
ご予約はこちら

Counseling

毒親育ち

今回のテーマは、【毒親育ち】です。

 

読者の方の中には、

・自分自身が毒親に育てられた…

・パートナーが毒親育ちで今も影響がある…

・私は毒親かもしれない…

という方がいらっしゃるかもしれません。

 

ご一読いただくことで

「これからどうしたらいいのか」が分かる

という点を意識して書いています。

少しつらいなぁと感じる時は、

ひと呼吸おきながら

無理のないように読み進めてみてくださいね。

 

====

 

1.毒親とは

 

“毒”というインパクトの強い言葉により

文字だけが一人歩きしたり安易に用いられたりする場面もあり、

世の中に溢れる毒親情報の全てが正しいとは言い切れません。

 

【毒親】には明確な定義がありません。

精神医学上の病名・診断名でもありません。

 

つまり、

あなたやあなたの親御さんが毒親であるかどうかは、

なかなか断定的には言い難いのです。

 

でも、

つらい経験や悔しい出来事、ずっと悩んできたことの

背景に何があるのか少しでも分かると、ふわっと楽になることがあります。

 

だから【毒親】という概念が広まっているのです。

 

明確な定義はありませんが、【毒親】とは

“長い期間に渡って子どもに対して支配的に関わる親”

のことをいいます。

 

虐待と似ていますが、

毒親は衣食住を侵害するよりも

・過保護、過干渉

・強制、強要、束縛

をして洗脳に近いような状態を作り出すことがあります。

 

でも、これらは周囲からは

「育児に熱心な親」「甲斐甲斐しい親」のように見え、

・子どものしんどさが気づかれない

・つらいなんて誰にも相談できない

という状況が続いてしまいます。

 

このようにして“長い期間に渡って”毒親の影響を受け、

気づいた時にはその洗脳から解けることも難しく

様々な心身の不調を来すことがあるのです。

 

2.毒親に悩まされている方の特徴

 

・自分のことなのに自分で決められない

・自分自身を大事にできない時がある

・悲しいはずの出来事に無感情になっている

・なぜかいつも同じようなことで失敗して悩んでいる

・無性に苛立って自分が自分じゃないみたいな瞬間がある

・周りに認められたい一心で頑張りすぎてしんどい

 

などがあるのではないでしょうか。

 

親からの支配的な関わりが続いたことで、

自分の意思、自分の判断力、自分の決定権などが奪われ、

「親がOKをすること」

「親が褒めてくれること」

が全ての基準になったためであると考えられます。

 

例えるなら、鳥籠の中にいるような。

この空間の中でしか生きられず、

飼い主に愛想をふらないと餌をもらえず、

身なりを整えてもらっているけれど好みではなく、

自分の意思で何かをするなんてもう考えない方がマシ・・・

 

それでも、

成長と共に、親の支配下から飛び出たくなる時期が来ます。

 

それが周りの助けもあってうまくいくか

それとも支配がより強化されるか

うまくいかず非行や自傷他害の危険が高まるか

はたまた引きこもるか

・・・という様々な方向にエネルギーが働きます。

表に見える行動に違いはあっても、共通しているのは

「親に逆らったら自分は生きていけないのでは」という不安

「親に反発するなんて自分はひどい人間だ」という自責

を抱えているという点です。

 

毒親との関係に悩む方の多くが、この不安と自責に苛まれています。

 

3.どうしたらよいのか

そんな時に頼って欲しいのが、

専門的な知識を持った心理カウンセラーです。

毒親問題に限らず、不安や自責感に一人で立ち向かうのは、

それはそれは とてつもなく辛く苦しいものです。

孤独に奮闘すると、不安や自責感はますます強くなり、

自信喪失や自己肯定感の低下も一層招く恐れがあります。

 

だから、親以外の誰かを頼ってみてはいかがでしょうか。

あなたが一人で悩むより、

誰かと一緒に苦しみ悩み乗り越える方が、

視野も広がり、痛みも少し緩和され、勇気がもらえます。

 

でも、親を信頼したくてもできない環境にいた方にとっては、

親以外への誰かを信用・信頼するなんて、もっと怖いかもしれませんね。

 

私はいつも、

不安な中で足を運んでくださること

怖いけれど勇気を出してお話しくださっていること

たくさん悩んでようやくここまで来てくださったこと

などを心に留めてお会いしています。

 

カウンセリングでは、

否定も強制も、支配もしません。

 

しっかりじっくり聴いて、あなたの苦しみに寄り添い、

解決策を一緒に考えます。

 

====

 

【親以外の誰かを頼って欲しい】

ということがお伝えしたいメッセージですが、

その“誰か”の専門性が高ければ、

あなたに合った対応が期待できます。

 

カウンセラーと話す時間は、

「友達に相談して負担かけるのは申し訳ないなぁ…」

「ネガティブなこと言ってると彼氏に嫌われるかも…」

なんて不安に思う必要がありません。

 

何を話しても大丈夫

どんな気持ちをぶちまけても大丈夫

どんなに残酷な表現でも大丈夫です。

しかし、それを受け止めるだけでは専門家ではありません。

アダルトチルドレンの解決に必要なのは、

他者や自身への健康な感覚を取り戻すことです。

 

・自分自身が毒親に育てられた…

・パートナーが毒親育ちで今も影響がある…

・私は毒親かもしれない…

という方は、

どうか一人で抱え込まないで、

あらゆる情報に巻き込まれないで、

専門的な頼れる存在を見つけてみてくださいね。

 

銀のすずpremiumも、お役に立てたら幸いです。